メニュー

お子様の歯の治療について

当院では、下記のような乳幼児から小学生を対象とした小児歯科の治療をおこなっています。

  • 虫歯の治療
  • 歯科検診
  • 歯の矯正
  • フッ素塗布

乳歯の虫歯は、永久歯に影響を与えると言われています。

大きな虫歯になって神経の方にまで虫歯が進行すると乳歯の根に膿が溜まる事があります。

そうすると乳歯の下にある永久歯が奇形になったりします。

 

子供の歯が歯周病によって抜け落ちてしまう。

そんな可能性があります。

歯周病といえば大人の歯の病気であると思われていましたが、最近は子供に歯周病の患者が増えています。

特に乳歯の時期に歯肉炎にかかる子供が増加しています。

歯肉炎にかかったからといって必ず歯周病になるわけではありませんが、そのまま放置しておくと将来的には歯周病になる確率は極めて高いのです。

又、乳歯の時期に歯肉炎にかかると、顎の骨の中に育ち始めてきている永久歯の元(歯胚しはい)にも悪い影響を与えてしまうのです。

ですから乳歯だからと安心しないで子供の歯・歯肉・歯垢などの状態を定期的に観察してあげて下さい。

 

子供に歯周病が増えている主な原因

今の子供は比較的やわらかい食べ物を食しているために、そのやわらかい食物の食べカスが歯と歯の間に付着しやすく、それが歯周病菌の餌になり歯周病になりやすくしているのです。

 

 

 

予防法

正しい歯磨きをすること

理由:歯に付着した食べ物のカスを取ったり歯垢を取るため。

 

食事に繊維質の多い食物を増やす

理由:よく噛まないと食べられないために歯の表面に付いた汚れなどが自然とこすり落とされる。唾液の分泌量が 増えるため。唾液には歯周病菌の増殖を抑制する作用があります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME