メニュー

当院の特徴

1インフォームドコンセントの徹底

初診時の口腔内検査と問診を十分に行い、今回の一連の治療内容を決定します。
そうすることによって患者さんはおおよその治療計画と、治療期間を把握しやすくなります。
当然、患者さんが希望する治療内容と、我々歯科医師が提示する治療内容とでは違いが生じることもあります。
そんなとき無理に治療を勧めることはしません。
大抵は患者さんの希望する治療を実施します。
ただし患者さんが希望する治療を実施することによって、口腔内に重大な不利益が生ずる可能性がある場合は、その治療を選択した場合のメリットとデメリットを理解してもらえるように再度説明させてもらうこともあります。
よくある症例としては、破折した歯を抜歯するか、そのまま保存するかというものです。
基本的には抜歯することをお勧めしますが、どうしても保存したいという患者さんに対しては、極力保存するような治療を行います。

保存した歯が食事中に急にとれて飲み込んだりしないだろうか?

完全に破折してしまった場合、歯牙の尖った部分で口腔粘膜を傷つけたりしないだろうか?

などの不安もあると思いますが、特別な問題もなく、完全にだめになるまで使えています。

他院で『絶対に抜歯しなければだめ』と言われた患者さんは、安心して当医院にご相談してください。
いっしょに保存の可能性を探りましょう!

2途中で治療計画を変更する場合は?

途中で治療計画を変更する場合もその都度患者さんに説明し、なぜ変更が必要なのか理解してもらってから次の治療に移りますので安心してもらえると思います。
患者さんが望むほとんどの治療は実施することは可能と思われますが、治療後の耐久性については別問題となることが多いです。

3当院の歯科治療の基本的な方針

当医院の歯科治療の基本的な方針として、まず専門家としての現状の説明と、その疾病に対する治療方法を提示します。
それらに基づいて、患者さんがどのような治療を希望するのかを問診していきます。
希望する治療が我々の診断結果と合致する場合は何の問題もないのですが、なかなかそうもいきません。

例えば、ある歯がしみるとします。
患者さんとしては、別に虫歯になっているわけでもないし、我慢できないほどしみているわけではないので、簡単なしみ止めの処置をして終了したいと思っています。
しかし、歯科医師の立場でその歯を診断した結果、不可逆性の歯髄炎(神経の炎症)ということもよくあります。
虫歯でもない歯がなぜ歯髄炎になるのかというと、多くの場合かみしめなどの強い力が歯に作用しています。
通常の治療は神経を除去して、銀歯を被せるというものですが、患者さんがどうしても神経を取りたくない場合は、神経の感覚を鈍らせるような薬を数回歯に塗布して、しみる感じをやわらげて終了するという方法をとります。
ただし2~3年たつと再び神経が痛み出すこともありますので、そのことをよく説明するようにしています。
このように極力患者さんの希望に添えるような治療を実践していますので安心して治療を受けてください。

4再治療ゼロをめざして

虫歯になってしまった歯は削って詰めたり、被せたりして治療する以外に治療方法はありません。
虫歯が再発すれば、神経を取ったり、歯を抜いたり・・・
その結果入れ歯になり、最後は総入れ歯。
毎日、一生懸命磨いているつもりでも、意外と磨き残しはあるものです。
磨き方には人それぞれ癖があり、磨き残している場所はいつも磨けていない事が多いのです。
定期的な歯科検診とPMCT(歯のクリーニング)で歯の健康を守りましょう。
当クリニックにおいては、虫歯治療の終了後、いかにして健康な口腔衛生状態を安定的に保つかということに重点を置いています。
その為には定期的な歯科検診とPMTC(歯のクリーニング)が必要です。
事実、定期的に当院にて検診とPMTCを受けている患者さんは虫歯の再発がほとんどなく、歯肉の炎症の程度も減少してきています。

健康な口腔衛生状態を持続させるためには、3~6ヶ月の間隔で来院することをお勧めしますが、最低でも1年に一度ぐらいの来院は必要です。
定期健診を受けることによって、日常のブラッシングに対する意識も変化してきます。
今まで歯間ブラシを使っていなかった患者さんがより口腔内をきれいにするためにと、使用するようになったり、歯ブラシの交換時期を早めたりと、今までなんとなく歯磨きをしていた患者さんが目的意識を持って歯磨きをするようになります。
きれいに磨けているか、汚れが残っているかが、なんとなくわかるようになるのです。



診療内容

虫歯治療
歯周病治療
顎関節症治療
睡眠時無呼吸症候群治療
セラミック治療
ホワイトニング治療
メラニン色素除去治療
矯正治療
インプラント治療

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME